> メディウムレクチャーご報告/有意義で楽しい時間
11月10日(土曜日)

去年に引き続き、 ターナー色彩(株)の協賛を得まして

「第2回 CLA アーティストのための
アクリル絵具のメディウムレクチャー」を開催し
とどこおりなく終了しました。

今回もGolden Artist Colors,IncのCEO、
マーク・ゴールデン氏を迎えて、
去年の実技のレクチャーとはひと味違えた
「アクリル絵具の変化のメカニズム」(=Patina)についての
レクチャー及び質疑応答でした。

e0002760_2244253.jpg


e0002760_22445976.jpg


今年はターナー色彩社のスタッフで絵具に詳しい
研究室の偉い方(!)が通訳で付いてくださったり
東京支店長がいらしたりとスタッフの方々も多く、
雰囲気の良さもさることながら、アーティストからの
質問も活発で充実度の高いものとなりました。

e0002760_22451151.jpg


マークさんを始めターナー社の阪本氏など、
フレンドリーな方々が多くて
陽気な雰囲気なのはとても魅力的。

やはり美しい「色」にたずさわる仕事だからかな〜とか
本社が大阪で関西ノリだからかな〜とか
よけいな事も考えつつ(笑)

阪本さんは我らがチアリーダー、山口裕美さんの
現代アート入門の入門を読まれて
我々の活動に賛同してくださったという経緯もあって
ことさらにオープンで和やかな雰囲気の中、

参加されたアーティストの皆さんと
スタッフの面々で二次会に突入!

初対面の皆さんが多いにもかかわらず
アートと美食、美酒は相性が良いらしく(?)
多いに盛り上がりました、最後にハグしちゃったり(笑)


「二次会を楽しみにしている」と仰っていたマーク氏、
アーティストたちと自由闊達に
やりとりがで居るこういった場を
社交辞令ではなく本当に大切にしているんだな〜と
改めて実感。で、今さら発見したのですが

去年に開催されたこのレクチャーと、
その後の二次会、そしてCLAと
現代アートのチアリーダー山口さんについて
ご自身のブログで書かれていたのを発見!!!
リンクします。

マークゴールデン氏のブログ
Sharing art in Tokyo

多いに盛り上がり、後ろ髪を引かれながら宴は終了。

参加されたアーティストの皆さんから
レクチャーに関するご意見や要望などを募って
次回に反映出来たらと思っています。

ターナー社の皆様
マークさん、ありがとうございました。

また来年お目にかかれることを
楽しみにしています。
[PR]
by cla-arts | 2007-11-11 22:52 | 広報部より

NPO法人芸術振興市民の会(CLA)からのお知らせです
by cla-arts
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧