> 6月15日ターナー色彩工場見学&絵具レクチャーのご報告
6月15日(水)、CLAが主催するターナー色彩工場見学&絵具レクチャーがあり、アーティストや美術愛好家など12人が参加しました。
e0002760_19594025.jpg

まずは、企画プロモーションチーム主任の島田さんに案内していただき、工場で絵具の製造工程を見学しました。

1.絵具の原料である顔料を調合して混ぜ合わせます。
e0002760_2002866.jpg

2.混ぜた絵具を巨大なローラーに通して、きめを整えます。
e0002760_2005993.jpg

3.研究室で、出来た絵具の品質をチェック。

4.最後にチューブの底から絵具を詰めて完成です。
e0002760_2014228.jpg
e0002760_202459.jpg

その後、別館のレクチャールームに移動して、研究開発室部長の瀧川さんより「現代絵画材料の発展と歴史」についてレクチャーをしていただきました。現在は主流の画材となったアクリル絵具の変遷を、アーティストや作品を例に分かりやすく説明してくださいました。参加者は皆メモをとるなどして熱心に聞き入っていました。
e0002760_2032324.jpg

レクチャールームに展示されていたターナーの製品にも興味津々。
e0002760_207027.jpg

今回の催しで初めて出会った方が打ち解けて、お互いの情報交換をする姿が見られました。また、このような催しがあればまた参加したい、と声をかけてくださる方もありましたので、今後の活動に結び付けて行けたらと思っています。

ターナー色彩大阪本社の皆様には大変お世話になりました。ありがとうございました。

(報告/梶山)
[PR]
by cla-arts | 2011-07-29 20:10 | 芸術支援活動